東京で婚活パーティーに参加したきっかけと結果

周りが結婚し始めて孤独になった

東京に住んで親しいですが、大学時代から東京に住んでいますのでもともと東京生まれる東京育ちだったわけではありません。
ですが、一度東京に友達などができるとなかなか地元に戻る気がせず、社会人になってもしばらく東京で過ごしていました。
28歳を過ぎたころには、いよいよ自分も結婚したいと思い始め婚活パーティーに参加することになります。
そのきっかけは、周りの友達たちが結婚をし始めたからです。
今まで仲が良かった友達も結婚し始めると、私たちの苦心とは少しずつ溝ができていくのがわかります。
もちろんそれを意図してやっているわけではないかもしれませんが、やはり生活習慣などが違いますのでやむを得ないことと言えるでしょう。
結果的に、1年もするうちにあまり連絡を取らないようになってしまいました。
そうすると、自分自身がだんだんと孤独になってくるような感じがして自分自身もやはり配偶者の欲しいと痛感したわけです。
今までは独身生活でもよいのではないかと考えていましたが、やはり私には独身生活は似合わないだろうと考え婚活をすることにしました。
婚活パーティーに参加するといっても、いきなりパーティーに参加したわけではありません。
最初は結婚相談所に登録をして相手を見つけようとしました。
ですが、登録したところはあまり良い相手がいなかったため長く続きませんでした。
せいぜい半年ぐらい活動して私の活動で気は終わりを告げてしまいます。

年収700万じゃないと結婚したくない女は売れ残りますけど、「私とあなたが一緒に働けば700万なんて余裕ね!」って頑張ってくれる女性は婚活なんて言葉とは無縁だと思うんですよ。

— イヴ_fantasy♪ (@Eve_Fantasy_) 2019年9月3日

周りが結婚し始めて孤独になった人気な男性に群がっても結婚できない自分に見合った男性を選ぶべし!